バイクツーリング

タンデムツーリングでのバイクの楽しみ方

 

 

タンデムツーリングとは、1台のバイクで二人乗りをしてツーリングを楽しむことです。夫婦や恋人、友人などとタンデムツーリングを楽しむには、多少のテクニックが必要となります。タンデムツーリングは、一人でバイクに乗るのとは感覚が違います。バイク運転の技術や心遣いなどの点で、重要な点が必要となります。車で例えると、タクシーやバスなどの乗客を乗せるための、二種免許クラスのテクニックが必要というわけです。

 

バイクの二人乗りには、特別な免許が必要ありません。ですから、経験不足やバイク初心者でもタンデムツーリングは可能です。しかし、気をつけて運転しなければ事故につながってしまいます。タンデムツーリングをする場合は、相手とのコミュニケーションがとても大切なのです。自分のペースでバイクを走らせるのとは異なるので、初めて乗る人か、バイクに乗りなれているかにかかわらず、会話を大切にしましょう。

 

タンデムツーリングで一番気を付けたいのは、バイクに乗り降りする時です。ライダーはブレーキをしっかりかけ、安定した姿勢で乗り降りを指示しましょう。不安定な状態でバイクへの乗り降りをすると、体制を崩して転倒してしまうケースもあります。声掛けなどのコミュニケーションをしっかりと行ったうえで、正しい座り方でツーリングに出かけましょう。

 

走行中は、話かけても聞こえないことも多いです。ですから、言葉をかけたい時は、ヒザや肩などをたたいて合図をすると良いでしょう。また、バイクを降りるときは、エンジンやマフラーが高温になっていることに注意しましょう。むやみに触れて大やけどを負うことのないよう注意を払いましょう。あの人とタンデムツーリングにまた出かけたい、と思われるような、楽しいバイク走行を心がけてください。