バイクツーリングで起こりやすいトラブル

バイクツーリングで起こりやすいトラブル

 

 

ツーリングには、バイクのトラブルもつきものです。バイクの点検を日頃からしっかり行っていても、いざというときは急におこるものです。ツーリングで起こりやすいバイクのトラブルには、どのようなことがあるでしょうか。よく言われることは、バイクのエンジン音が安定しない、スピードの出が悪い、ガス欠、オーバーヒート、タイヤのパンクなどのトラブルです。

 

ツーリングで起こりやすいトラブルについてよく知っておき、その対処方法を覚えておきましょう。ツーリングに出かけた先でバイクの変化に気が付いた時には、必ず点検をするようにしましょう。

 

バイクのエンジンが安定しない場合、キルスイッチが微妙にオフになっていることもあります。故障してしまったのではと慌てずに、始めにキルスイッチを確認してみてください。ケアレスミスでなければ、イグタイナの故障である場合もあります。点検しても問題がわからない場合は、早めにロードサービスなどを呼ぶようにしましょう。

 

バイクのツーリングには、無理な走行を避けることも安全なツーリングを楽しむために大切なことです。ツーリングに出かける時には、必ずガソリンを確認してから出発するようにしましょう。上級者でも、ガス欠になりかけたり、ガス欠してしまった経験がある人は多いでしょう。

 

バイクのツーリングは、走り方やエンジンの調子によってガソリンの燃費が変化しやすいのです。ですから、夜間やスタンドのない道を走る前には、必ず残量を確認するようにしましょう。もし、ガス欠してしまった場合は、ライダー仲間や近くのスタンドでガソリンを入れるという方法しかありません。もしガス欠しそうになったら、回転数を低くして燃費量を減らしながら走行するようにしましょう。