北海道のバイクツーリング

北海道のバイクツーリング

 

 

北海道の大自然、壮大なスケールの中でバイクを走らせることは多くのライダーにとっては憧れです。いつかは、北海道でのツーリングを実現させたいと考えているライダーも多いのではないでしょうか。

 

北海道のツーリングを楽しむためには、ポイントがいくつかあります。ご紹介しましょう。本州のツーリングと北海道のツーリングでは、まずスケールが違います。走行距離も信じられないほど多く、目的地までの距離が大変長いので、バイクのタンク容量はきちんとチェックしておきましょう。ガソリンスタンドの統廃合なども進んでおり、北海道でもガソリンスタンドが減ってきているようです。

 

「バイクのガソリン残量がない」と気を揉みながらのツーリングは、楽しさも半減してしまいますから、ガソリンスタンドを見つけたらこまめに給油しておくことが大切です。目安としては、ガソリン容量が半分になったら給油するようにすると、ガス欠の心配がないでしょう。スタンドの距離は、長くて100キロも離れている場合もありますから、頭の隅に入れておいてください。

 

北海道でのツーリングは、夏でも朝晩は冷え込みます。本州に住む感覚でいると、大きな失敗をしてしまうこともありますから、防寒ウエアは必ず持参しておきましょう。「日中しかバイクを走らせないから大丈夫」と思わず、ウエアやインナーは一枚多めに持っていきましょう。雨上がりなども冷え込みが激しいので、防寒ウエアは必須アイテムです。

 

大自然が多い北海道ならではの注意点は、野生動物です。夕方や夜は、小動物が急に道路に飛び出すことがあります。動物注意の看板があるところでは、すぐに止まれるスピードでバイクを走らせるようにしましょう。北海道でバイクのツーリングを楽しむためには、以上の最低限のポイントをおさえ、楽しい旅にしてください。