冬のバイクツーリングの心得

冬のバイクツーリングの心得

 

 

バイクのツーリングは通年楽しむことが可能ですが、冬の走行では寒さ対策をしっかり行うことが大切です。ウインターシーズンもバイクでのツーリングも楽しむためには、いくつかの心得を知っておく必要があります。

 

冬のツーリングはとにかく防寒対策が一番重要です。ライダーウエアは、通年使用できるものもありますが、夏の日差しを受けて撥水性が落ちていることもあります。また、パンツもバイクへの乗り降りで股下の生地はダメージを受けていることがよくあります。

 

ダメージを受けたままのウエアやパンツを履いていると、冬には防寒機能が働かず、寒さに襲われることがありますから気をつけましょう。高性能のウエアだからといって、耐用年数は5年程度です。冬のツーリング前にはしっかりと確認しておきましょう。

 

冬のバイクでのツーリングの定番のグッズ、それはホッカイロです。バイク走行中にずれたりしないように、貼るタイプのホッカイロがおすすめです。寒さを感じてから貼るのももちろん良いですが、出発前にトレーナーなどの裏側に貼っておくと助かります。

 

冬のバイクでのツーリングでは、体の中から温めるためにも保温用の小さな水筒などを持参するのも良いでしょう。休憩場所で缶コーヒーやお茶を購入するのも良いですが、その分トイレへ行く回数が増えてしまいます。水筒なら、少しずつ飲むこともでき経済的でもあります。

 

また、冬のツーリングでは、ヘルメットのシールドやメガネが曇りやすく視界が悪くなる場合もあります。シールドやメガネの内側には曇り止め剤などをスプレーして、視界を常にクリアにしておきましょう。冬に必要なアイテムを揃え、冬ならでのツーリングを楽しんでください。

 

バイクブロス