バイクツーリングのマナー

バイクツーリングのマナー

 

 

バイクでのツーリングは、一人で気ままにするのが好きな人もいれば、気の合う仲間やバイクサークル仲間と楽しむなど、いろいろなやり方があります。一人でも数人でも、ツーリングに出かけるという時には、ある程度のマナーを守る必要があります。道路は、バイク走行のためだけにあるわけではないですし、他のライダー達もたくさん走行していることを忘れずにいましょう。

 

一人でバイクのツーリングに出かける人は、自分のペースで走行を楽しめます。しかし、周りに迷惑をかけるような暴走や空ふかしなどの行為は辞めましょう。ライダーとしてのマナーをしっかり守ることが、ツーリングでは常識なのです。一般的なバイクマナーが守れなければ、ツーリングをする資格がないのは、愛好家ならよく知っていいることです。

 

バイクのツーリングを仲間と楽しむ場合は、周りに気を使いながら走行することがマナーといえます。例えば、決められた集合時間に遅れない、ツーリング前にガソリンを満タンにしておく、途中で故障が起きないようにバイクの点検をしておくなど、最低限のマナーはきちんと守っておきましょう。走行中は、ツーリング仲間との間隔が近すぎず開き過ぎず、前を走行している方のバックミラーの死角にならないように注意して走行する、などのマナーも大切です。

 

仲間とバイクのツーリングに出かけた場合は、休憩場所などで孤立して行動することはマナー違反です。仲間と楽しみながらツーリングをすることは、新しい仲間ともすぐに打ち解けられます。バイクでのツーリングは、同じ趣味を持つ仲間を増やせる良い機会にもなるでしょう。