バイクツーリングのテクニック

バイクツーリングのテクニック

 

 

バイクのツーリングは疲れないように走行することも重要です。免許を取得すればバイクに乗ることができますが、テクニックを取得しなければツーリングを楽しむことはできません。いかに疲労感を少なくツーリングするかで、バイクの楽しさをもっと知ることができるとも言えます。

 

バイクのツーリングに出かける前には、走行のコツなども少し知っておきましょう。するとバイクの世界も広がります。バイクの走行には、街中の小回りターンやコーナリングなど、車体を傾けて走行する場合もあります。

 

バイクの車体を傾けて曲がる場合には、バランスをとるために体重移動だけではなく、スロットルワークによるバランスコントロールが必要となります。バイクの車体をふらつかずに安定して曲がるためには、トラクションでバイクの安定性を高めることも重要です。

 

ツーリングに出かけるとわかるのですが、カーブにもさまざまなものがあります。緩やかなカーブや急カーブなど、それらいろいろなカーブを攻めるのもツーリングの楽しみのひとつです。バイクのテクニックがないと、カーブのたびに疲れてしまい、十分に楽しめません。バイクの車体のバランスコントロールをスムーズにするには、スロットワークにメリハリをつけると良いでしょう。

 

いいタイミングでバランスをとることが身につき、ふらつきが少なくなってきます。バイクの運転には、ちょっとしたコツを知っておくだけでも、疲労感に違いが生じてきます。ツーリングの先輩ライダーやバイクのテクニック本などを参考にしながら、自分のテクニックを増やしていきましょう。